薄毛治療の最新情報

薄毛治療では様々な方法があります。お薬で治療される方法や治療費が高い最新の薄毛治療まであります。当サイトでは最新の薄毛治療についての情報を伝えていきたいと思います。

薄毛治療の種類

薄毛治療では、発毛・育毛・養毛効果のある内服薬や発毛成分が配合されている塗るタイプの育毛剤、育毛メソセラピーなどがあります。
専門の病院であれば、検査や診察を受け、ひとりひとりの症状に合わせて薄毛の原因に対する処方をしてもらうことができます。
薄毛治療での内服薬では、抜け毛を防いだり発毛を促す薬を処方されます。
代表的なものとしてミノキシジルがあります。
ミノキシジルは、塗るタイプの育毛剤にも配合されていることが多く、育毛効果が期待できる成分です。
ただし、低血圧や多毛症、性的不能、肌荒れなどの副作用がおきる場合もあるため、使用量などは適切に守ることです。
女性の場合には、女性専用の薄毛治療薬もあります。
また内服タイプの薄毛治療薬にはプロペシアという薬品があり、こちらはフィナステリドを主成分としており高い育毛効果があるといわれています。最近はこの薬を個人輸入で手に入れている方も多く、興味がある方はプロペシアの通販の流れをこちらで解説していますので、一度ご覧になってください。
一方、塗るタイプの育毛剤は、育毛に必要な栄養を毛を生やす組織である毛乳頭に届けることで、毛乳頭の働きを活発化させ、育毛を促進させる治療方法です。
一般的に1ヶ月から2ヶ月程度で効果が期待できます。
育毛メソセラピーは近年増えてきた治療方法で、育毛効果の高い薬剤を直接頭皮へ注射する方法です。
定期的に投与することで発毛効果を促進させます。
病院によって薬剤は異なることが多くオリジナルの薬剤を作っている病院もあります。
他にも、再生医療の応用によるサイトカイン療法などもあります。
病院で薄毛治療を受けていても生活習慣によっては、効果が期待できないことがあります。
薄毛を予防・改善するためには、栄養バランスがとれた食事やストレスを溜めない、タバコやお酒を控えるなどを行うことです。
また、シャンプー剤や洗髪方法によっても育毛剤が吸収されにくくなる場合があります。
育毛剤を吸収させやすくするためには、毛穴の汚れを取り除き、洗髪後にしっかりと髪を乾燥させます。

■DHTの生成を抑制する
デュタス
■薄毛に悩んでいるなら育毛しましょう
ロゲイン