薄毛治療では様々な方法があります。お薬で治療される方法や治療費が高い最新の薄毛治療まであります。当サイトでは最新の薄毛治療についての情報を伝えていきたいと思います。

薄毛に効くシャンプーとは

薄毛治療では、シャンプーも重要なポイントになります。
薄毛治療のためのシャンプーを選ぶ場合には、頭皮や髪に負担の少ない低刺激や無添加、天然素材タイプを選ぶことです。
石鹸シャンプーや馬油シャンプーなどは、刺激が少ない洗浄成分であり、頭皮や髪の自然治癒力や新陳代謝に働きかけるため効果が期待できます。
界面活性剤は含まれていない低刺激のタイプやアミノ酸系の洗浄成分などは、直接育毛に効果があるわけではありませんが、頭皮や髪を健康な状態に整えることができるため、結果的に薄毛治療に効果がつながっていきます。
女性の場合もアミノ酸系の洗浄成分が含まれている弱酸性タイプやノンシリコン系が適しています。
シリコンは、人工的に作られた艶出しのための成分です。
シリコンには、髪内部に浸透し保湿する効果はなく、毛根や毛穴に詰まりやすいため、使用を続けることで、抜けやすい髪質になる場合があります。
反対に、メンソール入りやスクラブ入りの刺激の強いシャンプーは避けた方が良いとされています。
刺激成分であるメンソールやエタノールは、頭皮が弱っている状態では、かゆみや腫れが伴う場合があります。
洗髪の仕方も見直すことです。
洗髪の仕方が間違っていると頭皮や髪にダメージがあり、抜け毛を引き起こすことになります。
髪を洗う際には、シャンプーは手のひらで泡立ててから頭皮をマッサージするように洗います。
この時、爪をたてたり、ゴシゴシとこするように洗わないようにします。
シャンプーが残らないように十分にすすいだら、頭皮を乾かすように髪全体をドライヤーを使ってよく乾かします。
水分やシャンプーが残っていると雑菌が毛根に繁殖しやすくなり、抜け毛の原因になる場合があります。